【0歳児】カーシェア用のおすすめチャイルドシート。1年間利用した感想

節約

カーシェアを使っていると

  • チャイルドシートは買うべきか?
  • 買うならどれか?
  • 毎回、取り付けるのは大変か?
  • できるなら安く抑えたい

みたいな悩みはありませんか?。

ジン
ジン

去年、第一子が生まれたので、めっちゃ悩みました

この記事では、

  • 実際に買ったチャイルドシート
  • チャイルドシート準備の感想
  • 0歳児のカーシェア利用量
  • 1年間使ってわかったメリット/デメリット

を紹介します。

カーシェア用に購入したチャイルドシート

私は西松屋のMCブライドIII (5,993円)を購入しました。

特徴は

  • 安い(5,993円)
  • 軽い(2.9kg)←片手で持てる
  • シートベルトで取り付け

です。

カーシェアのステーションまで徒歩3分なので、軽いものにしました。

ジン
ジン

使えるのも1歳までなので、価格も安くていいかなと

MCブライトⅢ | 西松屋
MCブライトⅢの西松屋商品情報。新生児用の靴、洋服から、離乳食・哺乳瓶まで西松屋なら様々な商品が豊富に揃っています。赤ちゃん・ベビー用品をお探しの方はお近くの西松屋の場所や駐車場情報も本サイトでお調べ頂けます。

子どもができると、西松屋さんにお世話になりっぱなしです。

チャイルドシート取り付けの感想

まず、ステーションまで3分歩くのですが、

  • 妻→抱っこ紐で子どもを運ぶ
  • 夫(私)→チャイルドシート

の役割分担です。

正直、これはそんなに大変では無いです。

ジン
ジン

妻と話しながら歩くとチャイルドシートは気にならないレベルです

次に取り付けですが、感覚的に1~2分でできます。

慣れると楽勝です。

いつも、妻が抱っこ紐から子どもをおろしている最中に、私がチャイルドシートを準備する流れです。

特に「待ち時間がある」という感じでも無いです。

こんな感じで、チャイルドシートの準備は、特に問題ないです。

ジン
ジン

雨の日は、一人で車をとってきてマンション横に着けて対応しました。これは結構大変です

0歳児のチャイルドシートを使う頻度は?

生後2〜5ヶ月のころは、ほぼ毎週末、使いました。

理由は

  • 夏で暑かったので車が快適
  • 子ども用品を買いに行くことが多く、荷物が積める車が便利
  • 出産後の妻にとって、交通機関より自動車のほうが楽
  • コロナの影響で、交通期間が使いにくい

です。

実際に、私がカーシェアを利用した料金はコチラです。

生後5ヶ月までは料金が高いです。

ただ、生後6ヶ月からの料金が低いです(10ヶ月は1度も利用なし)

理由は、子どもが少し大きくなり、バスや地下鉄を利用しはじめたためです。

また外でミルクを飲めるようになると、外出時間が長くなります。

せこいですが、そうなると、カーシェアだと割高になっちゃうんですよねぇ。

ジン
ジン

カーシェアは最長でも3時間で戻ってきたい(笑)

ランチを外でゆっくり食べたい場合は、カーシェア代金を気にしたくないので、公共交通機関で行ける場所を選んでます。

約1年間つかってわかったメリット/デメリット

約1年間、カーシェアで西松屋のMCブライドIIIを使ってきたメリット/デメリットですが

  • 軽いので持ち運びが簡単
  • 安いので家計に優しい
  • チャイルドシートとして特に問題がない
  • 取り付けも1分程度でできる
  • 特に無い

です。

チャイルドシートとしては特に問題が無いです!

「カーシェアのチャイルドシート」のデメリットをあげるならば

  • 雨の日は持ち運べない
  • 帰りに荷物が多いと重い

があります。

ただ、このへんも、「家のまえに一度車をつけて荷物をおろす」などすれば回避できるデメリットです。

まとめ

西松屋のブライトIIIには、大変満足しています。

ジン
ジン

特に不自由を感じてません!

新生児から1歳までのチャイルドシートは、期間も短いので、私は安いもので十分と思います。

もちろん、高いものには高機能というメリットがあると思います(シートが回転するなど)

このあたりは、好みですね。

私としては、「できるだけ安く抑えたい」という方に、参考にしていただければと思います。

コメント