【結婚/同棲】買い物リストにはGoogle Keepがオススメ。これで「買った?」の確認は不要です。

IT

この記事では、Google Keepを買い物リストとして利用する方法を紹介します。

結婚や同棲を始めると、「食料品や日用品の買い物をうまく共有できない」ことがありませんか?

例えば、

  • 自分も相手も買って合計2つになる
  • 自分も相手も買わずに足りない
  • お店で「○○買った?」とLINEで確認しても返答が無い(結局買ったかわからない)

などです。

ジン
ジン

買ってなければ買うだけ」と、やりたいことは凄くシンプルなのに。。。

その悩みを解決するのがGoogle Keepの活用です。

このGoogle Keepを利用することで、上記のような問題を解決し「相手が買ってなければ買うだけ」となります。

Google Keepとは

「Googleが提供するメモアプリ」で、他の人との共有などもできます。

私は今までずっとAndroidユーザですが、最初からインストールはされてなかったと思います(そこまで有名なアプリではないのかも)

よって、インストールする場合は、以下のリンクをクリックする、もしくはGooglePlayにて「Google Keep」と検索してください。

Google Keep - メモとリスト - Google Play のアプリ
思いついたらすぐにメモ。指定した場所や時間でリマインダーを表示できます。外出先でも音声メモで記録すれば自動的に文字に変換されます。ポスター、領収書、文書の写真を撮っておけば、後で簡単に整理、検索できます。Google Keep なら、簡単にアイデアをメモすることも、リストを作成することもできます。また、そのメモを友だち...

買い物リストとしてのGoogle Keepの使い方

「チェックボックス」と「共有」を利用するのですが、その手順を紹介します。

1.左下のチェックボックスをクリックします

2.タイトル(例:買い物リスト)と、実際に買うもの(例:ゴミ袋、牛乳)を記載します

3.右下の「…」をクリックします

4.「共同編集者」を選択する

5.共有したい人(例:奥さん)のメールアドレスを入力し、保存する

以上で、メモの共有が完成です。

最後に、この「買い物リスト」はよく使うので、常時Google Keepに上部に配置したい場合は、固定させたいメモ(例:買い物リスト)を長押し、上部のピンをクリックし固定させてください(私は固定して使ってますが便利です)

ここまで準備できたら、あとはすごく簡単で

  • お互い買いたいものを追記する
  • 買った人はチェックボックスを押して一覧から削除する

というルールで使っていくだけです。

まとめ

今回はGoogle Keepを買い物リストとして利用する方法を紹介しました。

私は、この方法で5年以上で使っています特に問題はなく「相手が買ってなければ買うだけ」ができています。

「同棲を始めた」「結婚した」「旦那さん or 奥さんに買い物は任せっきり」などの人は、是非参考にしてもらえればと思います。

コメント