【育児】リビングから寝かしつけの準備をしてますか?【大人も睡眠の質が向上】

育児

ちょっと前に、子どもの「寝かしつけのミルク」を止めたのですが、寝付きが悪くなるのが嫌なので、代わりに「寝ますよー」の合図になるものが無いか調べてました。

ジン
ジン

睡眠関係の本を読むと「毎日のルーティン」が大事と書かれてることが多い。

ミルクの代わりの、合図が欲しいなー

そこで見つけたのが、「照明と睡眠」の関係です。

僕たち大人にも関係することなので、睡眠の質を向上させてたい人にも効果があります。

では今回は、スムーズな寝かしつけのための照明について紹介します。

問題点

まずは、問題点をきちんとまとめると「子どもをスムーズに寝かしつけたい」ですね。

そして、そのための照明について知りたい。

結論

「寝る1〜2時間前は電球色(明るすぎない色)で過ごすこと」です。

ようするにリビングで過ごす時間から、照明の色に気をつけます。

眠くなる方法

良い睡眠のためには、メラトニンを分泌させる必要があります。

ただ、このメラトニンですが「明るい状態では、分泌が抑制」されます。

ジン
ジン

「寝る直前のスマホが良くない」とよく言われてますよね。

なかなか止められないのですが。。。(笑)

要するに「明るい状態だと、体が寝る準備体制にならない」のです。

そこで「明るすぎない色」で過ごすことで体に「そろそろ寝る時間だよー」と教えてあげます。

これは大人も同様なので、次の日に元気に仕事をするためにも大事なことです。

わが家のシーリングライト

私も妻も実家が「昼白色」だったので、何も考えず「昼白色」を使い続けてました。

ジン
ジン

実家が「昼白色」なので、「電球色」って選択肢がなかったー。

また残念なことに、リビングのシーリングライトは調色機能がありませんでした。

そこで今回、新たに照明を購入しました。

必要だと考えた機能は、

  • 調色できること(昼白色、電球色の切り替えができること)
  • 昼白色は今のシーリングライトより暗くならないこと
  • 「電球色」↔「昼白色」の切り替えはワンタッチでしたい(できるならタイマーがありがたい)
  • 値段はそこそこ安く抑えたい(ハイエンドモデルはいらない)

です。

結論としては、タイマーによる切り替えはできませんが、僕はAmazonにて「HH-CF1020AZ」を10,030円で購入しました(日立さんと悩みましたが、Amazonのレビューで日立さんはフリッカーする(チカチカする)とあったので、安全を重視し、パナソニックさんにしました)

リモコンの「普段」に夜の電球色をセットしておけば、

  • 「全灯」ボタン → 昼白色
  • 「普段」ボタン → 電球色

と切り替えられて便利です。

わが家のタイムテーブル

新しく照明をリビングに設置し、今のわが家のタイムテーブルは、こんな感じです。

わが家のタイムライン
  • 5:30
    起床(大人)

    リモコンの「全灯」ボタンを押して、「昼白色」にする

  • 6:00
    起床(子ども)

  • 17:30
    夜ご飯(子ども)
  • 18:00
    夜ご飯(大人)

    リモコンの「普段」ボタンを押して、「電球色」にする

  • 19:00
    子どものお風呂

    お風呂から上がったら、子どもと触れ合う

  • 19:30
    就寝(子ども)

    寝室は「真っ暗」の状態。2分ぐらいお話して「オヤスミ」と離れると寝てくれる

  • 23:00
    就寝(大人)

    リモコンの「消灯」ボタンを押して、就寝

まとめ

リビングの照明を替えて約2週間たちましたが、今の所、寝かしつけに苦戦することはありません。

また、真っ暗な寝室に連れて行って、まだ寝てない状態で「オヤスミー」と僕が部屋を出ても、泣くことは少なく、

勝手に寝てくれています(もちろん、泣く日もありますが、少したてば勝手に寝てくれます)

僕たち大人の睡眠にも良いことなので、もしリビングが昼白色のかたは、参考にしていただければ嬉しいです。

コメント