初めての心療内科の診察でわかったこと【気になる金額や時間はどのぐらい?】

健康

この記事は、初めての心療内科の受診を紹介します。

仕事をしてると

  • 会社が嫌で嫌で行きたくない
  • 会社が楽しくない
  • なんか凄い落ち込んでる

ということがありませんか?

僕はあります。

そして、

  • 自分の心が弱いだけではないか?
  • 病院(心療内科)に行ったほうがいいのか?
  • もし病気じゃなかったら失礼ではないか?
  • そもそも心療内科っていくらぐらいかかるの?

と考えることはありませんか?

僕は考えてました。

ただ、「自分の状態を知りたい」「もし病気じゃないなら嬉しいじゃん」「病気なら、きちんと治したいじゃん」と思い、本日行ってきました。

この記事を読むことで私が体験した、

  • 心療内科の予約方法
  • 心療内科の初回費用
  • 心療内科の診察内容

がわかります。

「心療内科に行こうか迷ってる人」のお役に立てば幸いです。

結論

結論としては心療内科に行ってよかったです。

理由は、そこまで高い値段ではなく、自分の状態を知ることができたからです。

まず費用ですが合計3,000円でした。

項目金額
医療費2,540円
薬代460円
ジン
ジン

5,000円以上を想像してたので思ったより安い!

この値段なら飲み会代のほうが高いですし、その値段で診療して安心をもらえるなら、かなりコスパが良い気がします。

また時間はトータル約2時間で、内訳はざっくりこんな感じです。

  • 問診票 : 15分
  • カウンセリング : 45分
  • 医師診断 : 30分
  • 薬 : 15分
  • 待ち時間 : 15分

勝手に「1時間ぐらいかな?」と思っていたので、結構疲れました(笑)

診察後に家族と出かける約束をしてたのですが、余裕で遅刻しました。

ジン
ジン

診療後に予定を入れる場合は、時間に余裕を持つことをオススメします!

診療詳細

次に予約から診察内容までの詳細を記述します。

診察内容が気になる方は読んでいただければと思います。

僕が言いたいことは、「調子が悪いと思うなら、とりあえず心療内科に行ってみるといいかも」なんで、以下は飛ばしてもらっていいです。

予約

まず予約で、少し心が折れました。

ジン
ジン

メンタル弱ってるんで、すぐに心が折れます(笑)

理由は、最初に電話した病院の予約までの手順が手間だったからです。

病院Aでは、

  1. 電話でカウンセリング(平日に30分)
  2. 電話カウンセリングで問題ある場合は受診(平日のみ)

が必要だと言われました。

受診が平日のみは、事前に調査済みでしたが、電話カウンセリングは誤算でした(患者さんが多くて、本当に困ってる人だけを対象としているのかな?)

2回の平日対応が厳しいので、病院Aは諦めです。

この時点で「心療内科ってデフォルトで電話カウセリングが必要なのか?」「あぁ、ちょっと面倒。もう病院はいいかなー」と正直思いました。

ジン
ジン

知らないことなので、すぐに止めたくなる

ただ、「ここは今後のことも考えて受診すべきだ」と気合をいれて、病院Bに電話したのですが、こちらは電話で約1ヶ月後に予約できたので一安心です(電話カウセリングが珍しのかな?)。

ここで注意したいのは「電話で症状を話す必要がある」ことです。

会社の人が周りにいないところでの通話をオススメします。

ジン
ジン

自分は「あっ、すいません。今、会社でして。。。」とモゴモゴしました

診察前

診察前の流れはこんな感じです

  1. 問診票の記入(家族構成や学歴)
  2. GHQ30という精神健康調査の記入

GHQ30は「ここ2~3週間のストレスチェック」のようなものです。

各項目について、以下のような選択肢から選びます。

  • 強くあてはまる
  • 少しあたはまる
  • どちらでもない
  • 少し当てはまらない
  • 強く当てはまらない

このGHQ30ですが、自分はどう思っているのか?を見直す機会になります。

ジン
ジン

会社のストレスチェックは適当ですが、GHQ30は真剣に考えました

これだけでも、心療内科に来てよかったと思います。

カウンセラーによる診察

個室にてカウンセラーの方と1対1のカウンセリングです。

ジン
ジン

初めてのカウンセリングなので緊張しました

流れはこんな感じでした。

  1. 自分の生い立ち紹介(出身地、学歴など)
  2. 家族構成の紹介
  3. 仕事の紹介
  4. 今の問題について
  5. 趣味(ストレス発散法)

カウンセラーの方は終始優しい口調で、特に私の考えや行動を否定することなく聞いてくれます。

ジン
ジン

プロなので聞き上手です。どんどん自分から話しちゃいます

また僕は「自分の症状や悩みをスマホにメモ」していたのですが、これが役に立ちました(ぶっつけ本番で行くと、言いたいことや、自分の症状を上手に伝える自信がなかったので)

話すのが苦手な人は、メモの準備をオススメします。

それでもカウンセリングが終わったとき「あぁ、今、思い出すと、○○ってことがあったなー」となりました。

ジン
ジン

自分のことでも、きちんと伝えることは難しいです

医師による診察

次に医師による1対1の診察でした(カウンセラーと医師の2回あることを知らずに驚きです)

流れはこんな感じです。

  1. カウンセリングの内容確認
  2. 医師からの追加の質問
  3. 診断結果の報告
  4. 今後について

カウンセラーさんとの内容は医師に伝わっているので、診断結果や今後についてがおもな話になります。

僕の診断結果は、

  • 分類するなら適応障害
  • 今は症状が重くない状態
  • 不安解消のため薬を出す
  • もう一回カウンセリングを受ける

でした。

お医者さんも非常に柔らかいかんじで、丁寧に説明してくれます。

僕は自分の症状を聞いたら、「あっ、僕、軽い適応障害なんだー」と気分が楽になりました。

なんでしょうね。「ちょっと病気だから、調子が悪いのは当たり前だな」と自分の中で腑に落ちたのかな。

そんなこんなで楽な感じで診断終了です(正直、長丁場でちょっと疲れてて早く終わりたかった←失礼)

まとめ

2時間という長丁場で疲れましたが、値段は3,000円と思ったほど高くなかったです。

そして自分の症状が知れたので、僕は心療内科を受診してよかったと思ってます。

プロの意見は、自分を安心させるひとつの材料になります。

自分で考えたり、ネットで調べたりするのも重要ですが、第三者の意見はとてもありがたいです。

もし心療内科に行こうか悩んでる人がいたら、とりあえず行ってみるのもありではないでしょうか?

コメント