【保育園】朝の体温測定に非接触(ドリテックTO-401NWT)を使ってみた感想

育児

うちの子は、4月から保育園に通ってます。

そうすると、毎朝、体温を測る必要があります。

ジン
ジン

毎朝、脇で測定するのは大変そう。。。

子どもの体温測定に対する不安は、こんな感じです。

  • 朝は忙しいので余裕がない
  • できる短い時間でやりたい
  • しかも簡単に測りたい
  • 非接触が楽そう
  • ただ非接触は正確か不安

結論として、うちでは非接触のドリテックTO-401NWTで2回測定して対応してます。

では、詳細を記載します。

保育園の体温測定用にドリテックのTO-401NWTを購入

使ってる体温計は楽天で3,915円で購入しました。

まず、測定のしやすさですが、かなり良いです。

はじめのうちは、子どもが警戒して動いてましたが、慣れてからは特に動くこともなく、すんなり計測できてます。

計測時間は約1秒なので、本当に、瞬殺です。

使ってて思う問題点は2点あります。

  • モード切り替えボタンを誤って押す
  • 測定結果にばらつきがある

最初の問題は、大したことないですが、本体の背面にあるモード切替ボタンを電源と誤って押すことです。

電源を切るつもりが「表面温度測定モード」というミルクの表面をはかるモードに切り替えてしまうことが、ちょくちょくありました。

まぁ、こちらは慣れれば誤操作は減ってきました。

次の問題は、計測結果のばらつきです。

これは表面温度なので、しょうがないとも思います。

連続で測定しても「36.8」「37.1」みたいにばらつきます。

ただ、これで「本当に子どもの調子が悪い時は、わかるのか?」という事があります。

ドリテックのTO-401NWTは2回測定する

そこで、うちでは毎朝、2回測定(左右のコメカミ1回ずつ)することにしました。

そして

  • 2回とも平熱ぐらいならば、ざっくり平均値とする
  • 1回でも37.5℃以上ならば、脇で測る体温計で再計測

としています。

だいたい、脇で測る場合は、発熱してます。

(これは約2ヶ月半、ドリテックを使ってみた体感的なものです)

よって平熱の場合は、素早く対応できる、って感じです(発熱した場合は2度手間ですが)

まとめ

今回は、子どもの体温測定にドリテックのTO-401NWTを使ってみた感想を紹介しました。

結果がばらつくとはいえ、発熱してるか否かは、判断することができてます。

よって、私は買ってよかったと思っています。

また、少し話はずれるのですが、子どもが調子が悪いときが少しだけわかってきました。

うちの子は、調子が悪いとき以下のような行動をします。

  • 声を出さない(まだしゃべれないので「まー」とかですが)
  • 笑顔が減る
  • 自分から少し横になることが増える

です。

ドリテックの体温計に加え、上記のような行動で判断して、体調が悪いことを判断できればと思ってます。

育児って本当に難しいですね。

まだ子どもがしゃべれないので、親が体調を判断しないといけないので、気づいてあげれないと凹みます。

少しずつ自分に蓄積されるノウハウと、ドリテックの体温計のように便利グッズを活用しながら、できるだけ楽しく育児できればと思います。

コメント