【男性の育休】妻と2人で新生児を育児するときの1日のスケジュール

育児

私は、子どもの出産日から約1ヶ月(新生児のとき)、育休を取得しました。

育休の経験がない人は、

  • 自分は育休を取得したほうがいいのか?
  • 育休を取得したら何をするのか?

など、「男性の育休中にやること」がわからないと思います。

そこで今回私の経験を紹介します。

ちなみに、うちは里帰り出産をしてません。

また私、妻の両親とも他県在住かつ、コロナの影響で手伝いに来ることができませんでした。

本当に妻と私の2人で育児してるんですね。

まず結論からいうと、「里帰りしないなら育休は必須」そして「私(夫)が育児と家事をほぼ全部対応」します。

出産後の妻の状態

よく言われるのが「交通事故にあった状態」です。

そう、妻は出産後は、まともに動くことができません(安静第一です)

よって「妻が家事をする」選択肢が消えて、「子育ても必要最低限だけ対応」となります

そのため、私(夫)が「家事と育児を全部やること」になるんですね。

育休中の1日のスケジュール

生まれて3週ぐらいは、かなりハードです。

自分の自由時間は、1日に1時間あるかないかです。

まず6時に子どもを起こしてスタート(子どもが早く起きてる場合もあり)

あとは3時間起きに、「オムツ交換」「ミルク」「寝かしつけ」があり、その間にひたすら家事をします。

対応する家事/育児はこんな感じです。

対応する家事
  • 洗濯
  • 食事関係
    • 献立を考える
    • スーパーへの買い出し
    • 料理
    • 食器洗い
    • 毎日麦茶を作る
  • 掃除
対応する育児
  • オムツ交換
  • ミルク関係
    • ミルクの準備
    • ミルクを飲ませる
    • ゲップを出させる
    • 哺乳瓶を洗う
    • 哺乳瓶の消毒
  • 泣き出したときの対応
  • 沐浴
  • 子どもの日用品の購入
  • 子育て情報の検索

上記をひたすらこなします。

あまりの忙しさに体重が3kg落ちました。

ジン
ジン

あれ?僕は家事と育児をするために生まれてきたのか?と悲しくなるときも、正直ありました

あまりのハードでイライラすることもあり、「育児に方針」で妻と2回衝突することもありました。

ここは、お互い余裕がなかったせいです。

ただ、3〜4週目ぐらいからペースを掴んできて、かつ、妻も少しずつ家事に参加しくれたので、気持ちが楽になりました。

キツイだけでなく1ヶ月検診を終えて外出許可がおりると「幸せな時間」も訪れます。

特に家族3人でベビーカーを購入しにでかけたときは、

  • 平日の昼間に家族とでかけられる
  • 子どもと外出できる
  • 天気も良い
  • お店も混んでない

と、とても幸せで、今でもいい思い出です。

たまたまですが、店員さんも非常に明るくいい感じの方だったのも、理由の一つです。

このように育休最後の1週間は、「もう少し育休ほしいな」と思うような日々を過ごしてました。

1ヶ月の育休が終わって思うこと

たった1ヶ月、そして序盤はハードでしたが、育休をとって本当によかったと思ってます。

めちゃくちゃ大変でしたが、両親の力を借りず奥さんと2人で新生児から育児をすることができたからです。

私は、「新生児(生まれた最初の1ヶ月)」は特別と思ってます。

なぜなら、「新生児は外出できない」からです。

他の赤ちゃんですら、外で見ることができません。

そんな特別な「新生児」にたいし、妻と2人でひたすら向き合う時間は、その1ヶ月しか経験できません。

もちろん、これからも育児は続くので、ずっと育児をすることにはかわりませんが、1歳を過ぎ、たまに妻と「生まれた時は◯◯だったねー」のような思い出話をします。

そのぐらい強烈に思い出にも残ります。

また「育児の大変さ」を最初から奥さんと経験し、「育休あけて、育児を奥さんだけにお願いすると、体ががもたない」ということを強く認識できました。

育児と家事は1人でするのは本当にハードだと思います。

(シングルの方は、倒れてもおかしくない)

まとまって記事になりましたが、もし「育休」に迷われていたら、是非検討いただければと思います。

これから、男性の育休が当たり前になるといいですねー。

では。

あとがき(対応した家事・育児の詳細)

家事・育児で対応したことの詳細を書いておきますね。

興味があるかたは読んでください。

食器洗い

通常の食器洗いに加え、哺乳瓶洗いと消毒が追加です。

この哺乳瓶を消毒のためミルトンに漬けるのが地味にめんどい。

「あれ?これ何時から漬けてる?」とわからなくなることもしばしば。

そして、哺乳瓶の乳首を洗うのも地味にめんどい。

もぉ、毎日、めんどい祭り

洗濯

子どもの分がちょっと増えた程度なので洗濯は、まぁって感じ。

想像通り、雨が降ると困りますよね。

部屋干し&扇風機なんとか間に合わせるって感じです。

(これは新生児のときではなかったと思いますが)オムツからウ◯チ漏れした服を手洗いするのは、手間ですね。

うちは、酸素系漂白剤で軽く手洗いしたあとは、つけおきで対応してました。

「子育て」して思うのは「時短が大事」ってこと。

うちは生後2ヶ月のとき、ドラム式洗濯機(乾燥付き)に変更。

これは凄いです。

育児関係なく、全人類が購入したほうがいいぐらい洗濯が楽になります。

食事系

まず、メニューを考えるのが大変。

めちゃくちゃ「Cook Do きょうの大皿」シリーズのお世話になりました。

ただ焼くだけで美味しいですからね。

今なら、「大阪王将の冷凍餃子」も入れます。

また、私は車を持ってないので毎日スーパーに買い物に行ってました。

育休の序盤は、外にでるのは気分転換になるなーと思ってましたが、だんたん疲れてた。。。

あと、毎日麦茶を作ります。

これは妻が飲むためです。

母乳が始まって、妻がめちゃくちゃ水分を補給するんです。

ペットボトルで買おうかと思いましたが、ココはケチりました。

ただ、これも地味にめんどくさかったです。

ミルク

「人肌の温度にする」のが毎回時間がかかります。

新生児のときの哺乳瓶はガラスがオススメです。

理由は冷めやすいからです。

プラも使いましたが、全然冷めないので新生児には不向きでした。

ただ、プラは外出時に楽なのと、飲む量が100mlとかになると、「最初に40mlぐらいのお湯でミルクを作って、最後に水とお湯で調整して100mlにする」という手抜き技が使えるので、便利です。

コメント