【小児科】問診時の説明(記憶力)に自信がない場合の対応方法

育児
  • 子どもの体温の履歴を覚えれない
  • いつから咳が始まったか知らない
  • 残薬も把握してない

この記事は「問診時の説明(記憶力)に自信がないパパ・ママ」に向けての記事です。

この記事からわかること
  • 子どもの症状のメモ方法

結論は「Slackに子どもの病気用チャンネルを作る」です。

Slackとは

ビジネス用のメッセージツールです。

LINEと同じようにトーク部屋でメッセージのやり取りが可能です。

ジン
ジン

機能制限版ならばフリー(無料版)で利用可能

 SlackとLINEで異なることは、トーク部屋(チャンネルと言います)を複数作れることです。


LINEだと妻と私の1つのトーク部屋(チャンネル)ですが、Slackは複数のトーク部屋(チャンネル)を作れます。

Slackの準備

まず妻と私のスマホにSlackをインストールします。

つぎに大きな流れは以下になります(詳細説明は各ページを参照ください)

  1. ワークスペースの作成(例:山田家のワークスペース)
  2. ワークスペースのメンバーを妻と私の2名にする
  3. 症状メモ用に「病院」チャンネルを作成する

Slack利用

うちが実際に記入したのは、こんな感じです。

  • 体温
  • 嘔吐
  • 解熱剤の投与
  • 病院前の残薬確認

実際に利用した例が以下になります。

入力内容は、シンプルに「体温なら数字のみ」「解熱剤の投与なら、薬名のみ」という感じです。

利用例。僕と妻で気づいたほうが入力してます。
ジン
ジン

入力も全然手間じゃないです。

これがあると問診のとき、本当に助かります。

まとめ

今回、ちょっと難しいですがSlackを育児で活用する方法を紹介しました。

私はプログラマーなのでSlackの敷居は高くありませんでしたが、妻はIT系ではないので Slackを使ってくれるかは最初、不安でした。

ただ運用してみると、かなり便利なので、妻も活用しています。

また「病院」チャンネルだけでなく、

  • 「保育園」チャンネル
    • 給食の献立をカメラで撮ってシェア
    • 保育園からのお便りをカメラで撮ってシェア
    • 各イベントのメモ(例:水遊びに必要なもの)
  • 「おでかけ」チャンネル
    • 旅行の予定
    • タイムスケジュール

にも使えます。

育児のIT化を考えている方は是非、参考にしていただければと思います。

コメント