【1歳児】朝ごはんの好き嫌いが始まったときの対応

育児

子ども(1歳児)の朝ごはんで、こんな悩みありませんか?

  • 子どもが朝ごはんを嫌がって食べない
  • そのせいで朝ごはんに時間がかかって、遅刻しそうになる
  • 食べてくれないとイライラしちゃう
ジン
ジン

まだイヤイヤ期じゃないのに〜

この記事では、子どもの朝ゴハンを担当している私の「朝ごはんの好き嫌いが始まったときの対応方法」を紹介します。

忙しい朝は子どもが食べるものを出す

私は「子どもが食べるもの(好きなもの)」を出してます。

理由は以下です。

  • 食べ終わるのを待ってる時間がない
  • 昼と夜ごはんで栄養のバランスを取ればいい
  • お昼ごはんまでのカロリーが取れればいい
ジン
ジン

うちでは「ヨーグルト+オートミール」を食べさせてます

ただ「好き嫌いを言う子にならないか?」という考えもあります。

私は1歳児に「好き嫌いはダメを理解させるのは難しい」と思うので、もう少し大きくなってから教えるつもりです。

今は、「食べてくれればOK」って感じですね。

よって、「子どもが食べるもの」を出します。

前日にできることは対応しておく

これは当たり前っちゃ、当たり前ですね。

私は、こんな事を夜のうちに終わらせてます。

  • 保育園に持っていく道具(オムツやエプロンなど)
  • 自分らのお弁当の準備
  • 洗濯
  • 冷凍ご飯の準備

「仕事で疲れてて、夜キツくないのか?」に対しては「はい、正直キツイ」です。

ただ、時間は変わっても作業量は変わらないので、ここは心を強く保って夜にがんばります。

ジン
ジン

残業すると、本当にキツイ〜

「◯才◯ヶ月の子どもはどうだろう?」と考える

理由は、自分が勝手に「できるはず」と思ってる場合が有るからです。

例えば、うちの子は1歳5ヶ月ですが、「1歳5ヶ月が足し算はできない」ということは理解できます。

こんな感じで「1歳5ヶ月の子が好き嫌いなく食べるのか?」と考えると、「うん。無理だろうな」と私は腑に落ちます。

ジン
ジン

「まだできないよね」とわかると、心に余裕ができますよ〜

「他の子は好き嫌いしない」など他人と比較することもあると思います。

そこは「その人はたまたま好き嫌いがないだけだ」と思うようにしてます。

他人と比べると「できる子」がベースになっちゃいますからねー。

まとめ

今回は「朝ごはんの好き嫌いが始まったときの対応」を紹介しました。

初めて「好き嫌い」が始まったときは、「ん?どうした??なになになに?なんで食べないん??」と慌てたし、「時間のないし、早く食べてよー」とイライラしました。

ジン
ジン

1歳児にイライラしちゃダメだと反省

そこで一度きちんと考え、上述の方法で対応したら、自分のストレスも減りましたし、子どもが朝ごはんを食べてくれることも増えました(私に余裕ができたから、子どもも食べやすくなったのかも)

育児は本当に体力とストレスとの戦いですよね。

少しでも参考になれば嬉しいです。

コメント