子どもがドラム式洗濯機の扉を壁にぶつけるのを和らげる方法

育児

ドラム式洗濯機は育児の必需品と言っていいぐらいありがたい製品です。

ただ子どもが成長すると、「扉を強く開いて壁にぶつける」問題が発生しました。

ジン
ジン

まだ力の調整をするほど成長はしてないんですよねー

扉と壁が激突しちゃう!

そこで、衝撃を和らげるために100均でクッションを作ったので紹介します。

洗濯機の扉から壁を守るためのクッション

準備したのは以下の2点です。

  • マスキングテープ
  • 隙間テープ(太いの)
ジン
ジン

ともに100均で買えます

作り方は簡単です

  1. マスキングテープを貼る(やめるときにキレイにはがせるように)
  2. その上に、隙間テープを貼る
  3. 1つだと弱い場合は複数枚重ねる(私は4段重ね)
見た目は凄いダサい!

強い力で扉を閉めると壁にダメージがありそうですが、そこまで強くなければガードできてます。

まとめ

今回は「子どもがドラム式洗濯機の扉を壁にぶつけるのを和らげる方法」を紹介しました。

点数を漬けるとすると50点程度のできです。

もっといい方法が思いついたら更新したいと思います。

コメント